オンライン限定「シーグリーン」登場

 #PECOLO #限定カラー

オンライン限定カラー「SEA GREEN/シーグリーン」

8/16(月)よりオンラインショップ限定で販売する新色「SEA GREEN/シーグリーン」のご紹介です。「シーグリーン」は、遠浅の海岸に見えるエメラルドグリーンの海の色です。


今年の夏もなかなか外出が思うようにできず、近くの海辺や海外へのリゾート地への旅行も気軽に行けない状況ですが、今回の新色「シーグリーン」は、そんな場所を感じられる一色に仕上がりました。

シーグリーンのイメージ

早速今回の新色について、PECOLOの色についての専門知識を持つ、色開発担当者に様々な話を聞いてきました。


今回のイメージキーワードは【開放感】【爽快さ】【爽やか】【楽しく】【元気に】です。また、今回は【自然界の色】【開放的な空気感】【お部屋の中でリフレッシュ】というキーワードも合わせて色を考えました。


海には人の心身へ様々な効果があることが知られていますが、「海洋療法」と呼ばれるものがあり、海水に直接触れることで身体と心理へ好影響を与える目的で行われるハイドロセラピーと呼ばれるものがありますが、そこには目から受ける海の色や存在感の印象も効果の1つなのだそうです。


なぜ、「シーグリーン」なのか?

どこか涼しげで、そしてとても鮮やかな印象のグリーンですが、今回この色にした理由を聞いてみました。


前回の新色、ソフトレモンと同じコンセプト「Fleshness」の中の1色がこのグリーンです。


私たち人々は一緒に過ごすペットとともに、リフレッシュする空間、開放感をこれまで以上に求めていると感じています。今回の新色シーグリーンは前回の限定色ソフトレモンとナチュラルハーモニーの関係で自然な色合いです。


【ペット】【家族】【子供達】【みんな一緒の時間】というのをとても意識して考えました。どの組み合わせでも共通する【笑顔】を想像して、そのイメージに自然に溶け込むアースカラーから緑系の色を選定しました。



アースカラー 一覧 (シーグリーンは、左から2列目、上から4段目参照)


まだまだお家で過ごす時間が多いからこそ、大事にしたいキーワードかもしれませんね。


 色を作る時には、様々な意見やアイディアを出し合いながら進めていきます。

この時、色のテーマ以外にもPECOLOの色を作る上で大きく関係しているのが、色について専門的に学んだ担当者の知識です。


色を通して伝えたいメッセージ

水の色は無色透明ですが、天候や水質や海の深さなどによっていろいろな見え方があります。そしてそれは、個人差もきっとあるでしょう。そういったことも踏まえた上で【自然環境】そして人とペットとの良い関係を演出するのに【自然色グリーン】で表現しました。


エメラルドに輝く「シーグリーン」のフードスタンド とともに、人とペット、そしてインテリアに心地よさ、リフレッシュさを感じてもらいたいという気持ちを込めてこの「シーグリーン」の色を考えました。


リラックス感や開放感は気持ちを軽くする印象があります。今回の「シーグリーン」の色によって、一緒に暮らす家族だからこそ、笑顔の多い時間が増えるきっかけの1つになると嬉しいですね。



開発秘話

普段知る機会がないような、色を作る際のこぼれ話を聞く事ができたので、ここで少しご紹介します。


いつも色を検討するとき、その時の時代背景や流行色を参考にします。そして忘れてはいけないのが、粉体塗装です。最終的に粉体塗装で表現できる色と質感に落とし込みます。


※粉体塗装についてはこちらをご覧ください。

人とペットの生活に彩りを


また、なかなか関わることが無いと聞く機会が少ないかと思いますが、実は塗装には、色の要素だけでなく、艶という要素もあります。【艶有り】【半艶】【艶消(3分艶)】【サテン調】という要素があります。最近は、半艶や艶消が見え方がソフトに見えるので半艶や艶消が人気です。


艶と言ってもこれだけの種類があるのに驚きました。色だけの印象に加えて艶の種類、塗装方法をそれぞれに組み合わせることで、同じ色でも全然違う印象になるというのがとても面白いですね。


新色「シーグリーン」についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

今回のビジュアルにもありますが、壮大でとても開放感のある気持ちの良い色ができました。こちらで取り上げたように色の効果には様々なものがある事がわかっています。


気分転換や、色を生活空間に様々な形で取り入れることで暮らしが豊かになるきっかけの1つになれば嬉しいです。



「シーグリーン」はPECOLOオンラインショップにて8/16(月)より期間限定で販売いたします。下記のリンクからお買い求めください。


PECOLOのオンラインショップはこちら


383回の閲覧

最新記事

すべて表示